いけばな松風創流100周年記念華展       「花ノ記憶」 

 2021年5月8日(土)〜10日(月)、高崎シティギャラリーに於いて
 いけばな松風創流記念華展「花ノ記憶」が催されました。

 華展の作品をご紹介します。
 ご覧になりたい写真をクリックして下さい。
令和3年5月8日〜10日、いけばな松風創流100周年を記念してのいけばな展を群馬県高崎市のシティギャラリーにて

    催しました。コロナ禍での開催という事もあり、今回のいけばな展ではそれぞれの個性を活かしつつも、全体に心地

    よい風が流れるよう調和を第一に考え、会場を構成致しました。ご来場いただいた方に穏やかで明るい気持ちになって

    いただこうと、向かって正面はカラフルな色のグラデーションを、その裏面には家元撮影の空や海などの写真を背景と

    して作品を展示しました。また、流派の基本の花型を展示するとともに100年の歩みをパネルでご紹介しました。

    家元の作品はバラの写真を背景に、モミジ・モンステラ・バラ・ガーベラをいけ、副家元は緑の背景にニシキギ

    ウラジロノキ・ツゲ・キングプロテアを合わせ、欅の皮をステージに敷き詰めました。 どちらの作品も枯れた素材に

    瑞々しい緑や花を合わせることで100年の時の流れを表現しました。たくさんの温かいお言葉を頂戴し、盛会裏に会期

    を終えることができました。

    1921年(大正10年)初世家元塚越応mによって蒔かれた種が、二世、三世と受け継がれ、会員の花への情熱を糧に、

    100年の大樹となりました。私たちが長きにわたり着実に歩みを続けてこられたのも、ひとえに皆様のご支援の賜物と

    改めて御礼申し上げます

塚越応鐘(家元) 塚越応駿(副家元)

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35

 


 Top Home